カテゴリ:
こんにちは。
ちょっとエロい催眠術師兼整体師、その実はあなたの心と体のバランスを治すライフ・バランス・コンサルタントの lackofsane です。
催眠術に関するサイトと、NLP を使ってあなたやあなたの生活習慣をアップグレードするサイトを通じて、何かを変えたいと思っているあなたの生活をちょっとだけ変えるお手伝いをしています。

耳を澄ませて、心の声を聴いてみますか?さて、今日のお話ですが、このところ目の後に耳についていろいろと考えることがあって、そのあたりをまとめてみようかと思います。ちょっと催眠術というよりは NLP や心理学の実験のような話が多めになりますが、たまにはいいですよね?

あなたの声と私の声、心への影響に違いはあるの?

私のような催眠術師が誰かさんに暗示を掛けるときに、文字チャットでない限りは自分の肉声を使って相手に暗示を与えることで初めて催眠を掛けることが出来ます。と書くとものすごく当然のこと、ですよね。でも、自己暗示を掛けるとき、もしくは自分の思い込みがアンカーになっている場合、というのは、間違いなく、誰かさんの声ではなく、自分の内なる声によるもの、ですよね。

NLP的な解釈をすると

NLP の世界では自分の外からの(大きい意味での)刺激、声や映像、触られた感覚やにおいといったものは4Te、それに対して自分の中からの記憶や経験に基づく内なる声や記憶にある情景といったものは 4Ti とそれぞれ呼んでいますが、どちらにも心身に対する影響に違いがない、と考えています。言い換えると、人間の肉体や感情は聞こえた声と過去に聞いたことを思い出した声や自分の想像による声といった内なる声のどちらに対しても同様に影響を受ける、ということなのです。

ちょっとテストしてみましょう

どうでしょう。自分の想像に自分の感情や感覚、肉体が影響をする、と言われてピンときますか?でも、よくこの手の話で行う実験を一緒にやってもらうと実感してもらうことが出来ると思います。それは NLP で言うところのアズイズフレーム (as-is flame) と呼ばれるものの一つで次のような想像を一緒にしてみてください。
想像してください。あなたの左手の中に鮮やかな黄色をした、見るからにみずみずしいレモンがあります。重さもしっかりしているので、中にはたくさんのジュースを含んでいることが切る前から予想できます。また、レモンを鼻に近づけると、柑橘系特有のあの爽やかですっぱそうな香りが鼻をツーンとついてきました。あなたの右手の中にある切れ味の良いナイフでこのレモンを半分に切り、片方を大きな口でかぶりついてください。そうしたら、レモンの酸っぱいけれどもたっぷりのジュースがあなたの口の中に広がりました。
どうでしょう。あなたの想像が体の反応を生み出した、と言われたら納得しますよね。


さて、ご存知と思いますが、このブログに連動したメルマガも連載していますのでぜひ登録してくださいね。では、続きをどうぞ!

心への影響は声のソースではないとしたら一体何が?

さて。
心の内なる声を聴きつつ。。。人間の判断というのは、案外その直前に入ってきた情報に左右される、ということをご存知でしょうか。
よく言われることは(女性の読者の方、ごめんなさい)実は広告のどこかに水着の女性の写真が上がると売上が上がる、というものです。男ってバカよね、と言われそうですが、でも、このエピソードを、何か買い物の判断をする直前にいい気分になると比較的大盤振る舞いな判断になりがち、と性別の関係のない言い方に置き換えると納得されると思います。

実生活からのフィードバック:前情報による心理的影響とは

なぜ、声の話と、人間の感情が直前の情報に左右される話と並べたか不思議ですよね。なんとなく脈絡があるような、ないような。。。

実は、このところ女性の性的に興奮した声を聴く機会が増えて、その後の食事や面談の時に私の発言が妙に「性的な比喩が増えて目のやりどころに困った」と言われることがしばし。 まぁ、怒られはしないものの、隣のテーブルンのカップルが困惑していた(って、話に聞き耳を立ててるのもどう?と思いつつも、人様のテーブルの会話って面白いですからねぇ。。。)と言われると、自分では平然としていたつもりでも微妙(でもないか)な影響を受けていた、ということを実体験していたのです。

心への影響は、行動への影響、そして生活、さらには人生への影響

これではちょっとエロい、どころではなくなるので看板に偽りありで問題だ、と思いつつも、日常の人からの影響力というのがどれだけあるのかを考えるにはいい機会になったのです。というのも、よく、

「あなたは、この瞬間の一番親しい5人の平均である」

と、年収をあげるためのサイドビジネスの教材を売るために煽る類の文章でよくみられる言葉は案外正しいのかもしれません。その人たちとの会話の内容や言葉、しぐさというものが知らず知らずのうちに影響を受けて、まねるようになるから、振る舞いや思考パターンが似てくるがために年収もあがる、と言われると納得できそうですよね。

当然、エロい事しか言わない人と一緒に居れば、エロい話しかしなくなるのでエロだけの人になってしまう(笑)

外からの声に耳を閉ざすということの意味

でも、そうならないケースもありますよね。頑なな人をあげつらう意図はないものの、周りの親しい5人の声以上に常に聞こえるのは自分の声、なのですから、心の柔軟性や許容度がない時には、自分の声の影響力にはかなわない、ということになるのでしょう。

内なる声が自分を導く、意図していようといまいと

ちょうど今作成中の電子書籍のためのドラフトの中でも昨夜加筆したエピソードとして、一つご紹介するならば、催眠療法を使って禁煙を手伝っていた催眠術師の話を書いたところでした。これは、禁煙をしたいといって来た患者に毎日のように催眠状態にした後で「あなたは禁煙する」「禁煙できる」「吸いたくなくなる」 と言い続けていたら、その自分の声に反応して、自分もきづいたら吸わなくなっていたそうです。かなり強力な自己暗示と化したのでしょうね(笑)


まとめ:ポジティブな環境に身を置き、ポジティブな言葉だけを耳にすると

そう考えると、自分の耳にするもの、言い換えると多くの時間を過ごす友人も、自分の心の声も、出来るだけポジティブにしていけば、前向きの心持を持って生活できるようになる、ということなのでしょう。
 
どちらも意図して選んで変えていこう、というのは難しいかもしれませんが、前向きの心持を持った生活を想像していると自然にそうなってくる、ともいわれていますので。。。あれ?因果関係がおかしくなってきた(笑) 


まぁ、ちょっと耳から聞こえてくる声、少し気にしてみると世界との向き合い方が変わるかもしれませんよ。 
自分の内なる声をちょっとトーンを変えると、世界の見え方が変わるかもしれませんよ。